2018日本臨床歯科医学会夏季学術大会 in 金沢に参加しました

2018年7月14日〜15日に金沢市にて開催された第2回日本臨床歯科医学会夏季学術大会(第7回インターナショナル合同例会)に熊本支部からも33名で参加しました。各支部からの代表者15名の症例発表が競われ、熊本支部からは代表として飯干光男先生が発表いたしました。

その他にも総会、ゴルフ、懇親会と連日イベントが繰り広げられ、北陸金沢に全国から集まった数百名の会員が熱い時間を過ごしました。
大会詳細につきましてはこちらの公式サイトをご覧ください。

それではいくつかの写真で今回の合同例会を振り返ってみたいと思います。

IMG_20180713_222714

7月13日金曜日夜、ホテル日航の部屋に会員が集まり、深夜まで明日朝一番で発表する飯干代表の予演会が繰り返されました。



DSCN6451

7月14日土曜日朝、昨夜の疲れを見せない熊本メンバーが会場に陣取りました



DSCN6446

開演を待つ熊本支部メンバーたち。笑顔です。



DSCN6457

いよいよ合同例会がスタートしました。開会の挨拶は今回の主催支部である北陸SJCDの中山大蔵会長です。



DSCN6465

続いて日本臨床歯科医学会理事長である山﨑長郎先生よりご挨拶。



DSCN6472

続いて副理事長の本多正明先生からもご挨拶いただきました。



DSCN6509

会場は金沢駅隣接の石川県立音楽堂邦楽ホール。和の要素をふんだんに取り入れた乙ついた会場が満員です。



 

DSCN6487

さて我らが熊本支部代表の飯干光男先生はトップバッターとしての登場です



DSCN6482

昨夜の疲れも見せず、練りに練ったプレゼンテーションを20分間しっかりと披露していただきました



DSCN6501

飯干先生発表時の座長は木原敏裕先生、さすがの進行でディスカッションをまとめていただきました



IMG_20180714_204246

さて初日終了後は恒例のパーティ! 同じく金沢駅隣接のホテル金沢に会場を移し、本当に満員の素晴らしい懇親会でした。



IMG_20180714_202803

本懇親会の出し物はなんと各支部対抗による激辛金沢カレー早食い競争!熊本からは豊田正仰理事と八田知之理事の二人がエントリーしました



IMG_20180714_202849

こちらが早食い競争中の模様です。あまりの辛さに顔面真っ赤になりながらも優秀な成績を収めました。



IMG_20180714_204931

各支部町代表の挨拶タイム、熊本の川口孝支部長も登壇しスピーチいたしました



37092805_1770402403074495_4765958786978414592_o (1)

懇親会終了後、熊本支部からの参加メンバーで記念撮影。撮影は審美写真顧問の岩崎智幸プロによるものです。さすが。



IMG_20180714_222006

ここからは熊本支部メンバーを中心とした二次会です。駅前から少し歩いた漁師飯居酒屋GOENに移動し、37名という大人数で大いに盛り上がりました。



IMG_20180714_222138

発表を終えた飯干光男代表を慰労する添島正和最高顧問をはじめとするメンバー諸氏。



37160978_1770402586407810_9125836787011289088_o

毎度のことですが熊本支部二次会にはたくさんの豪華飛び入りゲストが!



DSCN6555

さてここからは大会2日目、7月15日日曜日の模様です。2日目の症例発表5題終了後は表彰式となりました。山﨑長郎理事長より1,2,3位と山﨑賞の発表が行われました



DSCN6550

今回受賞された各支部代表です。右から栄えある第1位の山口文誉先生(東京支部)、第2位の谷尾和正先生(大阪支部)、第3位の中島圭治先生(福岡支部)、特別賞の吉田茂治先生(東京支部)です。熊本支部代表は今回ここに立てませんでしたが次回こそは!



 

たいへん盛り上がった北陸合同例会となりました。熊本支部からは会員のほぼ半数に達する参加者となり、多いに勉強いたしました。今回の合同例会を主催切り盛りされた北陸支部の中山大蔵会長はじめとする皆さまには本当にお世話になりました。心よりお礼申し上げます。

 

次回は2020年11月21日、22日に広島支部主催で開催が決まりました。これからの2年間で熊本支部もさらなる向上を目指して努力を続けていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

2018年6月第199回例会レポート


今月はいよいよ来月に迫った北陸合同例会にむけて熊本支部代表となった飯干光男先生による最終予演会となりました。

また今月は飯干先生の発表に先立ち、SJCD賛助会員である株式会社ジーシー様よりアメリカンイーグルインスツルメント、サイラトランス、ロケーターに関する説明が行われました。

日時:2018年6月26日火曜日 19時30分〜21時30分
会場:平和会添島歯科クリニック研修室
座長:三村彰吾(共愛歯科医院
参加者:25名




発表者:Dr.飯干光男水俣ひかり歯科クリニック院長)
演題:カリエスリスクが高い若年者のAsymmetryな歯列不正に対してMIを考慮した包括的なアプローチ
program
合同例会本番を想定して発表いただいた後、参加した会員より鋭い意見が寄せられさらなるブラッシュアップに挑んでいただくこととなりました。
IMG_20180626_200633 IMG_20180626_201310
IMG_20180626_204722
↓座長の三村彰吾副会長
IMG_20180626_204732




その後懇親会も開催されました。来月はいよいよ金沢です。熊本支部からは32名が参加する予定です。飯干先生の発表は2日間にわたる合同例会の一番最初ということで、合同例会全体を盛り上げるくらいの発表にしていただきたいと会員一同祈っております。
合同例会は2018年7月14日と15日に金沢駅前の石川県音楽堂で開催されます。
詳細はこちらをご覧ください!

vis_main
 

2018年5月20日宇津照久先生講演会レポート

日本臨床歯科医学会熊本支部では毎年インサービストレーニングセミナーを開催しています。

今回は栃木県宇都宮市にてご開業の矯正専門医、宇津照久先生をお招きしての一日講演会を開催いたしました。構想より2年あまり経てようやく実現した企画です。会員やそのスタッフはもとより九州各地より多くの歯科関係者が集まり、終日歯科矯正についての知識と考え方について学ぶことができました。




日時:2018年5月20日 日曜日 09:30〜16:00

会場:熊本県歯科医師会館 大ホール

主催:日本臨床歯科医学会熊本支部(熊本SJCD)

講師:宇津照久先生(宇都宮市ご開業、東京SJCD会員)

演題:日本の歯科医療の中で矯正歯科のコンセプトは理解されているのだろうか?

~21世紀のInterdiciplinary Treatment を成功させるために~

案内:こちらをご覧ください

参加者:総合計  100名
  • 会員歯科医師      29 名
  • 会員歯科医師以外    26 名
  • 他支部会員歯科医師      8 名
  • 他支部会員歯科医師以外    6 名
  • 非会員歯科医師        7 名
  • 展示関係者       22 名(9社10小間)
  • 講師、事務局        2 名




以下、簡単ですが写真とともにレポートいたします。

 

09

歯科医師会館大ホールの大勢の歯科関係者が集まり講演会がスタートしました



01

熊本支部長の川口孝先生より本企画実現までの想いが語られました



03

続いて本日の司会進行を務める副支部長の三村彰吾先生より講師紹介が行われました



02

いよいよ講師の登場です。宇津照久先生にこれからじっくりとお話いただきます



04

今回は9社10小間のSJCD賛助会員企業に展示ご協力いただきました。休憩時間にはブースで活発な情報交換が行われました



05

午後からの講演の後は会場からの質問にお答えいただく質疑応答の時間となりました。多くの質問が寄せられ、関喜英理事の進行でスムーズかつ深いディスカッションになったと思います



06

最後は副支部長の添島義樹先生より謝辞が伝えられ、閉会の宣言となりました



07

そして最後は支部会員が集まって恒例の集合記念撮影。



今回は素晴らしい企画となりました。遠路はるばるお越しいただいた宇津先生をはじめSJCDインターナショナル本部、各支部の皆さま、賛助会員企業のみなさま、そして当日お越しいただいたすべての皆さまに心より感謝申し上げます。

2018年5月19日 宇津照久先生症例検討会レポート

日本臨床歯科医学会熊本支部(熊本SJCD)では栃木県宇都宮市にてご開業の宇津照久先生をお招きして会員限定症例検討会を行いました。熊本SJCD20周年にふさわしいたいへん刺激的かつ充実した勉強会となりました。ここでは簡単に写真でレポートします。




案内文:SJCD2018年5月19日案内文

日時:2018年5月19日土曜日 14時30分〜17時30分

会場:平和会添島歯科クリニック研修室

講師:宇津照久先生

参加者:11名

発表者:4名
  1. Dr.飯干光男
  2. Dr.添島賢一
  3. Dr.三村彰吾
  4. Dr.川口 孝




01IMG_20180519_142810

土曜日14時30分、川口支部長の挨拶とともに症例検討会をスタートしました



02

講師の宇津照久先生、笑顔でご挨拶いただきました



03

最初の症例発表は水俣市開業の飯干光男先生、約1時間を掛けて症例をチェックいただきました。



04

2年ぶりとなる添島賢一先生の報告です。



05

副支部長の三村彰吾先生からの発表に続きます



06

最後は支部長の川口孝先生よりデジタルを駆使した矯正治療についての報告がございました



07

最後は講師の宇津照久先生より最高顧問の添島正和先生からのリクエストで以前発表されたケースの予後についてもご紹介いただきました



08

最後は参加したみなさんで集合写真を



09

19時半からは場所をかえて和食仲むらにて懇親会を開催しました。こちらは16名に参加となりたいへん盛り上がりました。



10

食事の最後にもみなさんで記念撮影。

2018年度熊本SJCD歯科衛生士・歯科技工士新規募集特別企画

熊本SJCDでは設立20周年を機にいっそうの会員拡大を図るため下記企画を実施中です。




内容
  • 2018年度に新規入会する歯科技工士・歯科衛生士については2018年度の入会金・年会費を無料とします。
    • 本来の年会費は歯科衛生士12,000円、歯科技工士20,000円です。
    • 本来の入会金は1名あたり10,000円です。
期間
  • 2018年4月1日〜2019年3月末の1年間
対象
  • これまでにSJCD会員になったことのない歯科衛生士・歯科技工士




詳細につきましては下記PDFをご一読の上、熊本SJCD事務局までご一報お願いします。例会の見学なども歓迎しております(毎月第4火曜日19時半より熊本市東区の添島歯科クリニックにて開催)のでご希望の方は事前にご連絡ください。

熊本支部新規会員特別企画2018PDF

衛生士技工士新規会員募集告知

2018年4月第20期総会(第198回例会)レポート

熊本SJCDでは毎年4月に総会を開催しています。

第20期2018年度の総会を開催いたしました。

日時:2018年4月24日火曜日 19時半〜22時00分
会場:熊本ホテルキャッスル B1F
参加者:35名
議案:

  • 支部長挨拶 川口 孝
  • 議長選出
    • →三村理事を選出しました
  • 第 19 期(2017 年度)会務報告
    • 事業報告:添島義樹 副会長
    • 会計報告:事務局 粟津貴昭
    • 監査報告:飯干光男 監事
  • 第 20 期(2018 年度)議案
    • 新年度会長挨拶・執行部人事関係報告
      •  新執行部人事
        • 新理事として陶山新吾先生就任
        • 理事補佐就任に田中秀幸先生、山田宗敬先生
    •  検討決議事項
      • 歯科技工士歯科衛生士新規募集特別企画:川口孝
      • 5月19,20日宇津照久先生研修募集状況
      • 7月14-15日北陸合同例会状況報告
    • 年間事業計画案:関喜英
    • 会計予算案:事務局
    • 庶務・発表事項
      • 学会移行に伴う事後抄録提出と今後の流れ:三村彰吾
      • 座長ミーティング実施について:三村彰吾
      • 新規会員紹介会費振込状況報告:事務局
      • 東京支部ステップアップミーティング参加報告:宮崎康弘
    • その他質疑応答
      • 特になし
  • 懇親会
今回は20周年ということでいつもの歯科医師会館ではなく熊本ホテルキャッスルにて開催しました。

平日の夜にもかかわらず35の会員が集まり、昨年度の運営・収支決算報告や今年度事業計画、人事、予算などについてスムーズに議決いたしました。

その後は同会場にて懇親会となり、美味しい中華料理を楽しみながら懇親を深めました。また食事中に会長による症例報告も行いました。全員によるショートスピーチなど年に一度の総会らしく盛り上がり、たくさんの新入会員たちとも交流を深めることができました。
本年度も熊本SJCDをよろしくお願い申し上げます。

30073340_1673517882762948_8297578528165176087_o

熊本ホテルキャッスルにて総会を開催



30167582_1673518006096269_5064498423517156167_o

理事たちは前方に着席してもらいました



議長には三村彰吾副支部長が選出されました

議長には三村彰吾副支部長が選出されました



挨拶する川口孝支部長

挨拶する川口孝支部長



30167625_1673519439429459_768074646118817722_o

川嵜俊明前会長(顧問)



30425246_1673519322762804_8487037341751512618_o

添島義樹副支部長



笑顔で見守る吉永修顧問、添島正和最高顧問

笑顔で見守る吉永修顧問、添島正和最高顧問



最後は出席者揃っての集合写真。今回も岩崎智幸顧問に大活躍していただきました。

最後は出席者揃っての集合写真。今回も岩崎智幸顧問に大活躍していただきました。

2018年3月第197回例会レポート

あっという間に桜が満開となりそして散り始めた3月の熊本です。今年度としては最後の例会を開催しました。

座長は会長のDr.川口孝、発表者はDr.陶山新吾とDr.影下裕晃のお二方でした。

日時:2018年3月27日火曜日 19時30分〜21時30分
会場:平和会添島歯科クリニック研修室
座長:川口孝(川口歯科医院

参加者:21名




発表者1:Dr.影下裕晃平和会添島歯科クリニック勤務

演題:重度⻭周炎患者に対する全顎的治療計画の模索

29749009_1313552098746136_1630027524_o (1)

影下先生は熊本で最も若い歯科医師会員ということで、終始暖かい質疑応答で今後の成長を期待するコメントが会場から寄せられました。




発表者2:Dr.陶山新吾陶山歯科医院

演題:抜歯を行う前に保存治療を試みることの重要性

29681108_1313552235412789_629914400_o (1)

陶山先生は拡大診療下で、歯牙の延命に関するこだわりで深く、熱くディスカッションがなされ、来年度より、学術担当理事へ就任することが告知されました。




29829254_1313552172079462_1001855527_o (1)

その後懇親会も開催されました。来月は年に一度の総会となります。20周年ということもあり、いつもと会場を変え、熊本ホテルキャッスルにて開催予定です。

熊本SJCD第19期2017年度例会発表記録

日程
座長
発表者
タイトル
197  2018-03-27  川口孝  陶山新吾
 影下裕晃 重度歯周炎患者に対する全顎的治療計画の模索
196  2018-02-27 三村彰吾  江藤崇文  咬合再構成を伴う全顎補綴治療計画のための資料収集と分析
 清永尚志  臼歯部歯冠修復にF.G.P.テクニックを用いた症例
195 2018-01-23   川嵜俊明  豊田正仰  根管処置歯の歯冠修復症例における考察
 宮崎康弘  複数歯欠損を伴う歯列に対し、咬合 と審美の改善を目指した症例
194  2017-11-28  吉永修  八田知之  下顎右側第一大臼歯欠損に対しインプラント治療を行った一症例
 古田洋介  歯周炎と咬合性外傷の関係を考察したケース
193  2017-10-24  添島正和  佐藤俊一郎 前歯部外傷における歯槽窩内反転移植症例
 関 喜英  重度歯周病患者に対し歯周組織再生療法 を行い良好な経過を得られている症例
192  2017-09-26  鶴田善久  吉永 修  自分の患者の資料が最高の教材
 園田隆紹  食事風景を観察する事で予測できる誤嚥の診断について
191  2017-08-22  添島義樹  岩崎智幸  歯科における口腔内審美写真撮影テクニックと忠実再現 – Aesthetic photography techniques and faithful reproduction of oral cavity in dental
190  2017-07-25  関喜英 園木誠  インプラント上部構造の再考察 -スクリュー固定とセメント固定とその折衷法-
 添島義樹  治療中の咀嚼機能の維持に留意した咬合再構成の1症例
 2017-06-17  合宿  こちらを参照ください
189 2017-05-23  古田洋介  小坪義博  インプラントを支持装置とした総義歯 -ロケーター装置とマグネット装置の比較
 三村彰吾  顎関節症患者におけるインプラント補綴の治療戦略
188  2017-04-25 川口 孝  歯列内分布を考慮した上顎インプラント&クロスアーチスプリント 2 症例
第18期2016年度へ

第20期2018年度へ

熊本SJCD第18期2016年度例会発表記録

日程
座長
発表者
タイトル
187  2017/03/28 川口孝 古田洋介  水平的ブラキサ−に全顎的修復治療を行ったケース
影下弘晃  メタルインレー修復を再考する
186 2017/02 /28 吉永 修 関 喜英  前歯部審美障害に対し ボンディッドレストレーションで対応した症例
森田 圭介  審美領域におけるフルジルコニアクラウン
185  2017/01/24  鶴田善久 豊田正仰  天然歯の保存~歯内療法の選択~
 園田隆紹  摂食嚥下障害予防のための咀嚼機能の重要性について
184  2016/11/22  吉永 修  西原哲世  全顎的処置において治療計画に苦慮している症例
 田中秀幸  下顎位の変位を疑う患者への治療相談
183  2016/10/25 添島正和  佐藤俊一郎  前歯部外傷における歯槽窩内反転移植症例
 関喜英  重度歯周病患者に対し歯周組織再生療法 を行い良好な経過を得られている症例
182  2016/09/27 川口 孝  八田知之  口腔悪習癖による咬合崩壊症例に対する治療計画の立案
 飯干光男  審美障害を訴える患者にオールセラミックにて補綴を行った1症例
181  2016/08/23 関 喜英  小坪義博  前歯部審美修復における補綴処置の選択基準
 園木 誠  当院におけるコンピュータガイデッドサージェリーの導入
180  2016/07/26 添島義樹  古賀 仁  LOTを用いて重度歯周病に罹患した患者に対し全顎的治療を行う予定の症例
 山田宗敬  重度歯周病に罹患した患者に対し全顎的治療を行う予定の症例
179  2016/06/28 添島正和  川口 孝  矯正治療デジタルとの融合 その臨床
 佐藤俊一郎  自家歯牙移植の長期経過症例から歯根膜の重要性を考える
178  2016/05/24 川嵜俊明  佐藤俊一郎  四国合同例会発表症例予演会
第17期2015年度へ

第19期2017年度へ

熊本SJCD第17期2015年度例会発表記録

日程
座長
発表者
タイトル
176 2016/03/22 添島賢一 古田洋介  顎関節症III型患者に全顎修復治療を行った一症例
陶山新吾  歯の長軸方向を考慮した支台歯形成
175 2016/02/23 吉永修 八田知之  インプラントをMTMのアンカーとして使用した1症例 A case of dental implant use for anchor of minor tooth movement
長野靖弘 INFECTION CONTROL ~院内感染防止対策を熟考する~
174 2016/01/26 川嵜俊明 鶴田善久  a case that gave prosthetic measures for mandibular incisor tooth crowding 下顎前歯叢生に対して補綴処置で対応した一症例
豊田正仰  A clinical case of Implant over denture for a periodontal disease patient (歯周病罹患患者におけるI.O.D補綴の症例)
173 2015/11/24 鮫田誠也 森永博臣
井上亮平
172 2015/11/10 添島正和 添島義樹
小坪義博
171 2015/09/29 八田知之 吉永修
飯干光男
170 2015/08/25 町田宗一郎  関喜英
169 2015/07/28 添島義樹 添島正和
168 2015/06/23 関喜英 川口 孝
園木 誠
167 2015/05/26 川口孝 (DHミーティング予演会)
(長野歯科・みすみ歯科・添島歯科クリニック・川口歯科の歯科衛生士による発表)
166 2015/04/28 川崎俊明 エンドドンティックス
第16期2014年度へ

第18期2016年度へ